撚り紐を作っていたら参照サイトには必ずタッセルも。
これはもう作るしかないでしょ


IMG_2516

今回ちょっと撮影を頑張ってみました。
家にあるライトと厚紙をレフ版にして。
後日この顛末は別にアップします。

まずyotubeでセリアのタッセルメーカーなるものを知った



おー簡単そう
タッセルは子供の頃に作ったきり
それも厚紙にグルグルと、そして紙が弱くて縮まって成功したことがない。
そんな記憶から敬遠してきましたが
こんな私でも道具があればできるかも。




ちょっとしたコツはこちらの動画も参考になりました。
糸の結び方が勉強になる。

ではやってみます


タッセルメーカー

レース糸20番をまきまき
どれぐらいがいいのかわからないので適当に

紐入れ忘れ

真ん中を結んだ後に紐の入れ忘れに気付く



クラフトチョッキ大活躍


ハサミ重要
100均バサミ二つとも切れない
こんな時はクラフトチョッキですねー
ばさーーーーーっと一発で切ってくれました
頼もしい


マステで押さえる

動画では紙を巻いていたんですが、マステで直接巻きました。

下をカット

下もマステをしたままカット

ビーズ選びは楽しい


ここからが楽しい作業
ビーズ選び、セリアのこのセットビーズはいいですね~
あ、紐が太くて入らない

ウッドビーズ

残念ですが、ストラップ部分は穴の大きいウッドビーズで。


少しキラキラも入れて配列

糸も地味、ウッドビーズも地味、せめてビーズ部分はキラキラを。

完成!

完成写真がドブネズミ

ドブネズミにしか見えません。
これは酷い

家のライト当てたり、色々頑張って撮影し直した(上の画像)
今まで画像に関しては無頓着で画像補正でごまかしてきましたが
ちょっと考えを変えました。
見苦しい画像は良くありません。
amazonで安いレフ版を購入し、勉強していきます。
今回はとりあえずこれで。


ちなみにビーズ付ける動画はこちら




関連記事

【撚り紐】ネジネジだけで作れる紐