コロナのせいでこのオートクチュール刺繍の立体モチーフが
一年がかりになってしまいましたがやっと終わりが見えてきました。

立体モチーフ



花弁は難しい
左の花は締まりが悪くて中がげろ開き。
右は先生の指導でなんとか締まってきました。
後は裏処理するのみです。

最後のモチーフはスパンコールの立体モチーフ
花びらにワイヤーを付けます。


じっとしないワイヤー

このワイヤーが落ち着きの無い子でじっとしていない。
先生は華麗にマチ針で押さえるんですが、
私のワイヤーは暴れん坊、躾が悪いので動く動く
ということで無理やりマチ針で押さえた。
技術の無い私は道具でなんとかするしかない。


曲線もいける

待ち針を毎回留めるのはオーガンジーには負担なので大好きな強力マグネットを使い
ぐいっと引っ張る。
いい感じです、微調整もききます。

最後までいけた


最後まで行けました、楽だ~、技術向上は後回し。

もっと楽したいので両端マグネット。

両端マグネット

道具に頼るから技術が上がらないのかもしれない。
と思いつつ、楽しくない手芸はやっぱり嫌なのでこの路線で行きます。

今回私らしくないことがひとつ発覚。
いつも針から糸が抜け落ちて拾うのに苦労していたんですが、
横でピンセットを使って拾い上げてるのを見て、目から鱗。
ピンセットで拾えばいいんだ!

ちょとまて
私ならとっくに使っているはずのピンセット
ミシンの時だって目打ちの代わりにバリバリ使っているし、
他の手芸もピンセット多用しているのに、何故この手芸には使っていなかったんだろう。
不思議だ。


あーーーーーーーー
言葉の呪縛っていうやつです

始めた頃に先生に
「針から外れた糸は爪で優しく引っ張り上げるんですよ」と指導された。

この言葉をずーーーーーーーーーっと守ってきていたわ、私。
私らしくない。
先生に逆らってばかりの悪い生徒なのに、ここだけいい子だった。
先生もそんな絶対的なこととして言っていたわけではないのが
今回のピンセット便利ーと盛り上がっていた時に、
先生もピンセット便利よ~♪とおっしゃってた。
私がただひたすらに言葉に縛られていただけでした。
こんな事ってあるんですね。

今はがんがんピンセット使いまくり、外れてもすぐに拾える安心感のせいか
今までよりスピードがアップ。宿題もあっちゅうまに終わった。
もっと早く気付けばよかった~

花びら完成







30年使ってきたこの形のピンセット以外は考えられません。