「竜とそばかすの姫」を観てきました。
細田守作品は初めてです。





ネットに自分のアバターを置く仮想空間が映画館の大画面のお陰か爽快。
映像も綺麗ですね~
どいつもこいつも台詞が棒読みで少し引きましたが、
歌が素晴らしいのできっとそっちに重点を置かれたのでしょう。

途中まで美女と野獣のパロディかと思う展開でしたが、
正体がわかると恋愛要素なかったわ。

1つの違和感と1つの謎

高速バスで助けに行くのはいいんですが、何故一人?
最低限しのぶも行けよ、危ないじゃんか。
あれかな、母親と同じ行動をするっていうのを表現したかったのかな~

映画が終わって結局しのぶのアバターはどれだっけと娘と話しをしたけど、
私はクリオネ、娘はくじら案なんですけど正解は何?

ところどころ突っ込みどころはありましたが、総じて楽しめました。
特に仮想空間の美しさよ。
映画館のような大画面で見るべきね。



後日観たサマーウォーズの方が面白かったので★評価変えた