私のタロット占い歴は中学生の頃からですのでやたらと長い。
しかし、長い割に解説本無しでは読むことができなかった。
分かりやすいカードでさえ見る癖が付いていました。
やっぱり不安だったのでしょう。
そんな私が解説本見ないで読むことができるようになっていました。

理由はこれです。

教室に通うようになって私の中に変化が出てきました。
今までしたことがないほど勉強しているの。
一緒に習う友達ができたこと。
これが大きいですね
同じ趣味って本当に話が合う。
最初はLINEでグループを作ってあれこれタロット談義
もうそれでも足りなくなり、集まって勉強会をすることに。
そうしたら、それまでの間少しでも勉強しようと更に頑張る。

娘に占って~とせがまれ
カードを並べたら

スラスラ スラスラ

あ、本見ていない

凄い、勉強の成果が出ている!
読みが正しいかとかは置いておいて、
解説本を見ないということがどれだけ凄いか

IMG_3614

このオール小アルカナ

こんなカードが出た日には解説本丸読みでしたよ

でも丁度小アルカナを勉強していたところでしたのでスラスラ出てきました。

勉強をしていくと行きついたのがカバラ数秘術

これと小アルカナが結びついていたんですね~
知りませんでした
両方合わせ技で覚えると結構頭に入りやすい

色々なサイトやYoutubeを見まくって
集めた情報をノートに書き写す

IMG_3618

前回教室で先生の口頭の解説が速過ぎてメモとるのが大変でしたので




メモを取りやすいようにリスト書きをして準備をしていましたが

IMG_3619

先生の解説の前にこんだけ勉強してしまったわ
私の絵のイメージから読むやり方は基本なんですが
カバラの数があるともっと読みやすくなる

もっと勉強しよ


タロット バイブル 78枚の真の意味
レイチェル・ポラック
朝日新聞出版
2012-12-07