ボタニカルアートの教室に行ってきました。
前回で下書きを教えてもらい
今回はいよいよ色塗りです。

その前に水彩画とボタニカルアートの道具の違いを。

使う用紙がまず違う。
水彩画は中目の用紙を使っていますが、
ボタニカルはよりつるつるした用紙、細目、極細目を使うようです。
はがきに近いですかね、それの厚みのあるもの。

筆は水彩筆0、2、4号あたり。
私は000号もついでに買いました。うぶ毛まで描きたくて。
水彩画で使っているのはそれ以上の太さの筆です。

そして葉の色塗り

狭い場所を塗ることが多いので、水彩画でいうウェットは使えず、
色を乗せて、それを水筆でぼかす。これを繰り返す。

そして未完ですがこんな感じに。


IMG_4273  

全体的に塗った後、葉脈を描き入れたら(左下)
葉っぱだ~♪

興奮したわ、思わず先生に「葉っぱかけましたー♪」とはしゃいでしまった。

とても丁寧に指導していただけるので初めてなのに迷うことなく描けました。

水彩画とボタニカルは別物ですね
両方教室通いは正解でした


透明水彩で描く 世界でいちばん美しい細密画
アンナ・メイソン
日本文芸社
2019-02-08